ジオポタ・インド支部始動! -- インド支部長としてデリーに赴任したムカエルがお伝えする、インド情報。

2015年6月6日土曜日

デリー近郊の世界遺産その1 クトゥブ・ミーナール 6 de junio de 2015

ニューデリーの南郊外15kmにある世界遺産、クトゥブ・ミーナールに行ってきました。
ミーナールとはモスクの尖塔のことで、このクトゥブ・ミーナールはインド最初のイス
ラーム王朝がヒンドゥー教徒に対する勝利を記念して1192年に建設が始まったのだそう
です。 塔の高さは72.5メートル。 スカイツリーの1/10位の高さですが、その存在感の
強烈な事。 入場料250ルピーの価値は十分ありました。


入り口のゲートを入るとすぐにそそり立っている
クトゥブ・ミーナールがドーンと見えてきます。

クトゥブ・ミーナールの正門だった
アラーイー・ダルワザ
見学に来ていたインド人母子。
なんだかこの風景にとても似合って
いたので思わずパチリ
アラーイー・ダルワザの壁面の模様。
クトゥブ・ミナールとアラーイー・ダルワザ
と聖者イマーム・ザミンの墓。
この角度が写真撮影の人気なんだとか。
本当かな? 
クトゥブ・ミナールの2倍の高さ
を目指して建設が始まっ
アラーイーの塔(手前)は、その
建設を企んだスルターンが暗殺さ
れてしまい未完に終わったそうです。
インディラ・ガンディー空港からほど近い所
にあるクトゥブ・ミナール。 着陸態勢に入っ
た飛行機がよく見えました。
3〜4世紀頃に作られたとされている
高さ7メートルの鉄柱。 鉄の純度が
100%に近く、いまだに錆びていません。
番外編
デリー郊外のグルガオンという町で
見かけたアパート。
さて、外側についている黒い箱状の
ものは一体何でしょう?

0 件のコメント:

コメントを投稿

参加ユーザー

Powered by Blogger.